太陽光発電のメリット

非常用電源に利用できる

太陽光発電は非常用電源として使用できます。このメリットは安心を買うと言う意味で非常に大きいものになります。東日本大震災を多くの人が経験し、災害時の電源確保を考える人も増えています。今までは災害が起きてもどうにかなるだろうと考えたり、自分の場所は影響が無いと思っていたかもしれませんが、大きな災害を経験するといつ何所に大きな災害が起こるかわからないという認識に変わってきたと思います。地震大国でもある日本では、太陽光発電で電源を確保する事は必要でしょう。
万が一災害が起こり送電がストップしたら、太陽光発電は自立運転モードに変わり、発電した電気をそのまま使えるようになります。蓄電池が無ければ備蓄はできませんが、発電した分はそのまま電気として使えます。しかし、電気の量は少ないですし、夜は使用できないためそれ以外の方法も考えておいて下さい。それでも炊飯器でご飯が炊けたり、お湯を沸かせるなどちょっとした事に使え、とても役立ちます。
災害時に住宅が倒壊していなければ、太陽光発電も無事であるケースは多く、送電がストップしても自力で少しの間乗り切れるアイテムとなる事ができます。太陽光パネルが多ければ多いほど、発電できる量も多くなり便利です。